忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

おみやげは醤油 [ FC東京 ]

天皇杯3回戦 東京対北九州於正田醤油スタジアムは2-0で勝利。
残留争いの中、J2最下位の北九州に負けて流れをぶった切るわけにはいかなかったこの試合、
まあ勝って良かったと。

東京側の自由席は満員で、当初使わないとアナウンスされていたゴール裏芝生席が
一部開放されていた。
みなさんお疲れ様です。

私は試合開始直前にスタジアム入りする予定だったので、
席の確保が難しいと判断して、SA席だった。
そのSA席は適度に埋まりつつ、かと言ってスカスカでもなくと、いい感じだった。

さて内容的には先週の湘南戦と変わらない印象だ。
湘南戦と同様、内容的にそれほど進歩しているわけではないけど、
個人能力に大きな差がある分、東京の時間帯が長くなるといった感じ。

その中で今回目に付いたのが、サイドチェンジ一発でシュートもしくはクロスに行ける
チャンスを作っていたこと。
城福監督解任直前の頃、ポゼッションと言ってもこんなことすら出来ない、
と槍玉に挙げたプレーである。
北九州相手にはかなり効果的で、何度かチャンスにつながっていた。

ただ、上記の場面に限らずラストパスを出すなりシュートを撃つなりする際、
蹴り損ねや簡単にDFに引っかけてしまうのが目立つ。
さらにこの試合では単純なミスが結構あり、それに伴って勝ちはしたけど…
という印象が強い。

そんなわけで、連勝はしたはいいが、相手の弱さに助けられている面が多々あるので
これから控える上位との対戦においては、もっとドラスティックに
戦い方を変える必要があるのではないかと思っている。
せっかく降格圏を脱したのに、また逆戻りという事態になりかねない。

PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
早くも方向性を示したザッケローニ | MAIN | 久々の美酒