忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

[PR] [ ]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

方針転換 [ FC東京 ]

オフィシャルで発表されましたけれども。
マッシモ フィッカデンティ監督の退任について

次期監督は、ほぼ確定的なことしか書かないトーチュウでは城福監督の再任とのこと。
正直、この人事は疑問である。

2006年シーズンのガーロ監督就任以降、東京はポゼッションを基本とする
パスサッカーへと方針転換を図った。
次の方針転換は2014年のフィッカデンティ監督就任時の守備第一戦術への変更であり、
その間多少の違いはあれど、ポゼッションで相手より長い時間ボールを持つことで
守備機会を減らすことが失点の減少にもなるという考え方でほぼ一貫していた。

フィッカデンティ監督の場合は守備に時間を割くことを厭わない。
落ち着いて人数をかけて守って穴を作らない。
しかしカウンターを高速で撃って相手の守備が整う前に攻める
というわけではなく、あまりリスクを取らない。

今シーズンは徳永の攻撃参加が明らかに減り、攻撃は主に左サイドからだった。
左サイドには今や日本を代表するクロッサーとなった太田がいるからだが、
おそらくサイドからのクロスがリスクの小さい攻撃方法だったこともあるのではないだろうか。
攻撃はタレントに負う部分が大きいという考え方だろう。

城福監督は東京の歴代監督の中でも、最もポゼッションにこだわった監督だ。
ポゼッションをするには人数をかける必要があるわけで(少ない人数でポゼッションはできない)、
ボールを保持している内はいいが、ボールを奪われた時点でのリスクは大きい。
こういう最も基本的な部分において全く正反対の方針にしてすんなり行くとは考えにくい。

ポゼッションと基本とするパスサッカーは今まで東京で成功した例はなく、
守備第一戦術が功を奏して年間の総合順位が最も高かった監督と
契約を更新しないという判断はどうにも受け入れがたい。

少なくとも今の選手編成ではパスサッカーで良い内容、良い成績を残すことは不可能だろう。
今までさんざん見せられてきた、相手守備ブロックの周りで延々とボールを回す姿を
また見ることになるのかと思うと、今から憂鬱だ。

PR

2015シーズン終盤戦を終えて [ FC東京 ]

J1 2ndステージ第17節 東京対鳥栖は0-0のスコアレスドローに終わり、
ガンバ大阪に抜かれてチャンピオンシップ出場を逃した。

シーズン最終盤のホームゲーム3試合には、チャンピオンシップ出場がかかっているとあって
私も現在居住している長野から”遠征”して駆け付けた。
しかし結果は知っての通り

 第14節 湘南ベルマーレ戦 1-2の敗戦
 第15節 浦和レッズ戦   3-4の敗戦
 第17節 サガン鳥栖戦   0-0の引き分け

まあ浦和は仕方ないだろう。強かったと思う。
私個人的には1失点目が完全なGKのミスだったので、あれさえなければと思ってしまうが。
アブラモフは反応があまり良くない。それとこれは反応とも関係しているが
コースの見切りもあまり良くない。

彼自身はよくやってくれたと思う。だが、各年代別代表からフル代表まで
常時選出されてきた権田とはやはり差を感じる。
それがシーズン最終盤で先制点に直結する形で出てしまったのが残念でならない。

そして湘南戦と鳥栖戦は実力差から言っても勝たなければならなかった。
この局面にホームで格下のチーム相手に勝てなければそりゃ優勝など無理だろう。
最悪どちらかの試合であと1点でも取れていれば結果は大きく変わっていただけに
もうため息しか出ない。

1stステージで2位だったとは言え、1位浦和との勝点差は6。
2ndステージは6位。年間総合での1位との勝点差は11。
この成績で最後まで優勝を狙えたのは、世界でもあまり例のない
最大5チームが参加するチャンピオンシップという特殊なルールによる。

つまり言ってしまえば東京はまだまだ優勝を争う実力はないと言える。
逆にだからこそ、今シーズンは東京にとって優勝するまたとない好機だった。
年間の勝点差9(最終節勝っていた場合)を3試合でひっくり返す
千載一遇のチャンスだったのだ。

もちろん一番悔しいのは選手達だろうが、その悔しさを今後何年も引きずらないように
近い将来には笑って思い出せるようになっていたいものだ。

1.九州のクラブ 2.ラフプレー ⇒ ?? [ Jリーグ ]

答えは中払。
おそらく100人中100人の東京サポが上記2つのキーワードで思い浮かべるであろう固有名詞。
かなり久々の更新なのにこんな話題で何なんですけどね。

J1第4節の鹿島対鳥栖戦で起きた鳥栖のキム・ミンヒョクによるラフプレーが問題になっている。
顔をスパイクで踏みつけるというとんでもないプレーであることに間違いないが、
東京サポ的には中払は負けず劣らずどころか完全に上回る悪質さだ。

10数年経つ今でさえ、思い出すだに腹が立つ。
中払の腕を極めて倒れ込むあのラフプレーいや、もはや”プレー”ではないな。
あの反則でケリーは骨折、伊藤哲は捻挫。

黎明期のJリーグはカオスな部分があって、それが魅力だったりもしたんだけど
中払が暴れていたのは21世紀に入ってからだ。
日韓ワールドカップの開催前年という時期に、格闘技である柔道ですら禁じ手にしている
反則を中払という男は仕掛けてきた。

それは既にサッカーでも、スポーツでも、あえて言えば狭義の格闘技ですらない。
ルール完全無視、己のやりたいことだけを実行するただのけだものだ。

自分の書いたブログの記事を振り返ってみたら2007年にも似たようなことを書いてた。
まあ忘れませんよね、私は。

アジア枠 [ 日本代表 ]

今回のブラジルワールドカップでアジア勢が1勝もできずにグループリーグ敗退したことで、
今後のワールドカップにおけるアジア枠の減少が危惧されている。

個人的には、客観的に見ればアジアの出場枠は1あるかないかじゃないかと思っている。
すなわち、0.5もしくは1。
北中米カリブ海、アフリカあるいは南米とプレーオフで勝ってようやく出場権を手にできるか、
アジア全体でようやっと1枠程度。
もっと言えば、オセアニアとセットで出場枠0.5もしくは1くらいなもの。

ただ、アジアへのサッカー普及というFIFAの思惑や、本当に1つしか枠がなかったら
日本代表が出場できないと思うので若干の希望込みで考えるなら、
現実的な線は3~3.5といったところか。
いずれにせよ現在の4.5は明らかに多過ぎる。

ちなみに今大会の予選アジア5位のヨルダンと南米5位のウルグアイが戦った大陸間プレーオフでは、
ホーム&アウェイ2戦の合計スコアが0-5でウルグアイの圧勝である。
もちろん計43チームが参加したアジアに対して16チームの南米ではその母数に大きな開きがあるので
同じ5位でもその意味合いが違うわけだが、それでもアジア5位と南米5位では
力量に明白な差があることがわかるだろう。

アジア勢の本大会における成績を決勝トーナメント進出を閾値として出場国が32になったフランス大会以降で見てみる。
()内はアジア勢の最高成績。

1998 フランス大会  出場4 進出0 計1勝2分9敗(グループリーグ敗退)
2002 日韓大会    出場4 進出2 計6勝2分9敗(3位)
2006 ドイツ大会   出場4 進出0 計1勝4分7敗(グループリーグ敗退)
2010 南アフリカ大会 出場4 進出2 計4勝2分8敗(決勝トーナメント1回戦敗退)
2014 ブラジル大会  出場4 進出0 計0勝3分9敗(グループリーグ敗退)

日韓大会は出場4ヶ国の内2ヶ国が開催国であり、色々とブーストがかかった状態なので
実力を測るにはふさわしくない大会だ。
それを除けばやはりひどい有様で、他国の狩場となってしまっている。

南アフリカ大会は日本と韓国がグループリーグを突破して決勝トーナメント進出を果たした。
たまにこういう番狂わせが起きるのもスポーツの醍醐味なので、そういう要素を付加する意味でも
ある程度アジア枠は必要だとは思う。
しかしやはり現在の4.5枠では大会全体のレベルを落としてしまっている。

というわけでアジア枠は3~3.5で、アジア予選の方式はフランス大会のあれがいいんじゃないだろうか。
すなわち最終予選2グループで各上位1チームが出場決定、2位同士が第3代表決定戦に回るあれ。
アジアから削った1枠は日韓共催の煽りを受けて減らされてしまったヨーロッパに戻すってことで。

ブレブレの監督とサポートできない協会 [ 日本代表 ]

2014 FIFAワールドカップ グループリーグ第3戦 日本対コロンビアは1-4の完敗。
日本のブラジルW杯の戦いはグループリーグ3戦で終了となった。

先発を8人入れ替えてきたコロンビアは割合的に1.7軍とでも言うべき布陣だった。
それで日本と互角、キープレイヤーが交代で入って来た途端、日本を圧倒するという
明らかに格上の国だった。
さすがFIFAランキング第8位。つい最近までトップ5入りしていたこの順位は伊達ではなかった。

ドログバ個人を除いて、FIFAランキング23位のコートジボワール、
12位のギリシャにはそこまでの格上感はなかった。

私は、サッカーにおいて多少の格差は試合にはそれほど現れず、
それはシステムや戦術である程度カバーできるものだと考えている。
しかし、ある程度の差以上が双方に存在する場合、明白な格差感が生じ始める。

なかなか定量的に示すことは難しいが、どこかにその閾値はあり、
明らかに格上と感じる相手というのもまた確かに存在する。
今回のグループリーグの相手の中ではコロンビアだった。
だからこのグループリーグ第3戦の敗戦は仕方がなく、日本はよく戦った。

つまり、グループリーグを勝ち抜くには、第3戦で勝利必須ではなく、
引き分けでOKという状況を作らなければならなかった。

第1戦、第2戦で少なくとも1勝1分と勝点を稼いでおいて、
(現実的なところとしては、コートジボワールに勝利し、ギリシャと引き分けか)
目論見通り引き分けに持ち込めれば勝ち抜け、負けても他会場の結果次第で勝ち抜け。
この状況に到達していることが必要だった。

と言うより、すべてが終わった今から振り返ると、日本が勝ち抜くストーリーは
これしかなかったと言えるだろう。

では何故ここまで第1戦、第2戦と思うようなサッカーをすることができず、
苦しい状況に追い込まれてしまったのか。
ずっと考えていたのだが、何気なく読んだ記事に重要なことが書いてあった。

ザック監督采配ミス認める「違う形で…」

攻撃的なサッカーを貫くと宣言しながら、初戦コートジボワール戦で選手に守備意識を植え付けすぎたことが、
結果的に逆転負けにつながっただけに「初戦、2戦目のアプローチが良くなかった。もっと違った形でもっと
攻撃すべきだった」と自らの責任を口にした。
この記事が正しければ、何のことはない、全ては監督の戦術ミスということだ。
今まで攻撃的サッカーで通してきて、いきなり守備的、あるいはバランスを取りながら行けなどと言われれば
そりゃ中途半端なサッカーになるのも無理はない。
前回のエントリーで書いた中盤の守備的な構成も、その現れのひとつだった。

どうせ強豪国相手に守備的に戦うなら、サンドニショック後のスペイン戦、
あるいは南アフリカ大会での阿部アンカーシステムのように、もっとドラスティックにやるべきだった。
そうでないと中途半端になってしまう。

サンドニショック後のスペイン戦では3バックを5バックに、
南アフリカ大会では守備的MFとDFラインの間にもう一人アンカーを配置するという、
それまでのやり方と比較して超守備的に思い切った変更をした。

短期間に変更し、しかもそれを試合で表現するためには、
システムから変えるくらいガッサリ変えなくては駄目なのだ。
意識付けだけでどうこうできるものではない。

日本の最大の敗因は、監督のブレだった。
監督のブレは、ここにも現れている。パワープレーである。
後藤健生のコラムから引用する。
豊田陽平が招集されなかったのは「パワープレーはしない」、日本らしい「足元でパスを繋ぐサッカー」を、
徹底するためのはずだった。だが最終的に、ザッケローニ監督は吉田をトップに上げてパワープレーを試みた。
それなら、豊田なり、ハーフナー・マイクなり、闘莉王なりを入れなかったのは何故なのか……。
全く同感である。
パワープレーをするなら、選手選考の時点でそれなりの人材を選出すべきだろう。
それをしていないのに、本大会の試合でいきなり実践しろと言われても無理な話だ。
それでは何故ザッケローニはそんなブレブレの采配をすることになってしまったのか。

日本は主に大会予選で対戦するレベルの低いアジア諸国との戦い方と、
ヨーロッパや南米、アフリカを相手にした時の戦い方が必然的に異なってきてしまうのは
前々から言われている話である。

おそらく、ザッケローニの実感としてそれが得られたタイミングが遅かったのだろう。
逆に言えばそれくらいしか思い当たらない。
知っていて何も手当てしなかったとなれば、おかしな話になってしまう。

それならば、責任は協会にある。
国際大会やアウェーで、世界の強豪と当たる機会を作って来なかったツケだ。
こんな、強豪となるべく本気度の高い試合で対戦する機会を増やせなんていうことも
前々から言われている話なのだが。

ザッケローニの弱腰 [ 日本代表 ]

2014 FIFAワールドカップ グループリーグ第2戦 日本対ギリシャは0-0のスコアレスドロー。
決勝トーナメント進出が厳しい状況となった。

2戦を終えて1得点2失点、相手に退場者が出て数的優位に立ったギリシャ戦も無得点に終わり、
攻撃の不発感が覆う日本代表。

分析すれば要因はいくつかあるのだろうが、個人的に非常に気になる点がひとつある。
それは、遠藤。

遠藤はザッケローニ監督就任以降、最も出場時間の長いフィールドプレイヤーである。
GK川島がトップの3,758分だが、その差わずか23分。
遠藤がどれだけザックジャパンの屋台骨を支えてきたかわかるだろう。
その遠藤が第1戦コートジボワール戦では不出場、第2戦ギリシャ戦では後半開始からの出場。

代わりに先発の座をつかんだのが山口蛍だ。
彼はいわゆるダイナモ系の守備的MFで、海外の有名選手で例を挙げるなら、
ダービッツ、マケレレ、エッシェンといったところか。
(挙げた名前が一昔前なのは、筆者の海外サッカー知識が一昔前のためである)

遠藤はあらためて言うまでもなく守備寄りではなく攻撃寄りの選手。
その遠藤を外して山口を入れるということは、単純に中盤を守備的に構成するということ。
しかも攻撃を組み立てるパスに唯一無二の才能を発揮する遠藤を外すことはつまり、
チーム全体の軸足をやや守備的な方向に移したということでもある。

繰り返すが遠藤はザッケローニ監督就任以降、最も出場時間の長いフィールドプレイヤーである。
そして攻撃を組み立てるパスに唯一無二の才能を発揮する選手。
私ごときが言うまでもなく、遠藤はザックジャパンの攻撃を司る選手なのだ。

その遠藤がコートジボワール戦はともかくとしても、(個人的にはともかくとしたくないが)
勝つしかなくなってしまった第2戦で、しかも堅守速攻型のギリシャ相手に先発させなかったのは
私にはどうしても納得が行かない。

もちろん細かい状況はわからない。
大会直前に小さな怪我をしたかも知れないし、
我々が思っているほど調子が上がっていないのかも知れない。
同じチームで日々状態をチェックしていないとその辺りの本当のところはわからない。

だがしかし、本番に来てザッケローニが弱腰になってしまったのではないかと思うと、
私は非常に残念なのである。

東京型4-3-3 [ FC東京 ]

2014年シーズンのJリーグが開幕し、初戦の柏戦をTV観戦した所感など。

まず驚いたのが、システムが4-3-3だったことだ。しかも攻撃的なバルサ型4-3-3。
バルサ型4-3-3とは私が個人的に使っている言葉で、一般的な用語では全くない。
しかし非常に特徴的なシステムなので他の4-3-3と区別するために使用している。

バルサ型4-3-3の特徴を列挙すると
・超攻撃的なサイドバック
・中盤の底に1人のアンカー
・攻撃寄りの2人のセントラルミッドフィールダー
・両サイドに突破力のあるウイング
・万能型の1トップ

一言で言い表すなら”攻撃的”である。
攻撃にかかった際には、2人のセンターバックとアンカーの3人が残り、
GKを除いたほかの選手は全て攻撃に加わる。

私は事前情報をほとんど入れていなかったこともあり、
イタリアから来た新しい指揮官がまさかこのバルサ型4-3-3を採用するとは予想しなかった。
しかも、バルサ型4-3-3よりも更に攻撃的な戦い方をしていて二度びっくりである。

上記のようにバルサ型ではアンカーは2人のセンターバックとともに最後尾に残り、
相手のカウンターに対するファーストディフェンダーとして重要な役割を担う。
従って、全体としては超攻撃的なバルサ型4-3-3も、(センターバックと)アンカーだけは
守備専従と言ってもいいほど守備寄りである。
攻撃の際も基本的にはボールのつなぎ役であり、積極的に上がったりはしない。

しかしフィッカデンティ監督はアンカーに高橋を起用してきた。
高橋は守備が非常にうまい選手だが、どちらかと言えばセントラルミッドフィールダータイプだろう。
実際、開幕戦でも攻撃に再三顔を出していた。

米本の負傷という事情はあるにせよ、アンカーが攻撃に顔を出すのは極めて珍しい。
おそらく今後の相手は高橋の上がったスペース、あるいは高橋の両脇のスペースを使ってくるだろう。
その時にこの東京型4-3-3の真価が問われる。

超劇的 [ FC東京 ]

天皇杯準々決勝 東京対仙台は2-1、極寒の仙台で行われた準々決勝は劇的な逆転勝利となった。

さすがに極寒は大げさかも知れないが、寒かった。
それなりに防寒はして行ったつもりにも関わらずそれを上回る寒さ。
特に足元が寒い。
しかも途中雨がパラついたりする中で選手たちはよく戦ったと思う。

とは言え内容は良くはなかった。
つなごうとして相手に渡してしまって失点した場面もそうだし、
仙台と比べてもても連動性はもちろん、動き自体も足りていなかった。

東京のディフェンスは裏を取られて必死に追っかけて守備、という場面が多いのに対し、
東京のオフェンス陣にはそういう場面が乏しい。
ただ以前よりはクロスを上げる際、相手GKとDFの間に入れようとしている意図は見えた。
結果的にあまり成功はしていなかったが、良い傾向だと思う。

試合前のアップの時点で体のキレを感じさせた石川は逆転ゴールの場面でもすごく良かった。
スペースを見つけてダッシュ、ボールを受けた後しっかり中を見てからクロス。
最終的に林がゴールを決め、平山も体を張って基点を作ろうとしていた。

仙台より明らかに上だったのは交代選手の質だろう。
もちろんそれだけでは勝てないし、交代選手が機能しないことも多々ある。
だがこの試合の東京で交代選手がそれぞれの持ち味を生かしてチームに貢献していたことは
仙台より明らかに上回っていた点として挙げられるだろう。

でもまあそんなことよりここで強調したいのは、超劇的な勝利だったことだ。
試合開始早々に失点し、ほぼ丸々一試合分リードされていた状態から
試合終了直前に起死回生の同点ゴール、
延長戦の終了直前に逆転ゴール。
そりゃー上がるというもんです。

年末、クリスマス気分も気持ちを高揚させる燃料になったんだろうか
試合後のあいさつに来た選手達がみんなでラインダンスするなんて
金輪際ないかも知れん。

そして次の準決勝はリーグ2連覇を達成してしかもあまり良いイメージのない広島。
客観的視点だとちょっと厳しいが…どうなるでしょうか!



付記
 私は遠征に行く時にはゴール裏の端っこの方にいる。
 一緒に行く友人が非常にライトなファンだからで、いわゆる声を出している場所に
 連れて行くのはさすがに憚られるからだ。
 
 で、今回も仙台スタジアムのアウェイゴール裏、バックスタンド寄りの角の辺りに居た。
 のだが、何列か前に明らかに仙台サポとわかる格好の人が居て。
 出で立ちから察するに、シーズンチケットを持っている人っぽい。

 リーグ戦ではバックスタンド寄りのアウェイゴール裏は仙台サポの席だけど、
 これは天皇杯だから。
 周囲は東京サポだらけの中でよく観戦しようという気になるよね。
 東京サポなら危険性は低いが、トラブルに発展しかねないところだってあるのに。

 今では信じられないことだが、Jリーグが始まった当初はゴール裏に相手チームの
 レプリカを着込んだ人が座ってるなんて光景はチラホラ見かけられた。
 それをいまだに引きずってるわけでもあるまいに。



| MAIN | 次のページ