忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

ザッケローニの弱腰 [ 日本代表 ]

2014 FIFAワールドカップ グループリーグ第2戦 日本対ギリシャは0-0のスコアレスドロー。
決勝トーナメント進出が厳しい状況となった。

2戦を終えて1得点2失点、相手に退場者が出て数的優位に立ったギリシャ戦も無得点に終わり、
攻撃の不発感が覆う日本代表。

分析すれば要因はいくつかあるのだろうが、個人的に非常に気になる点がひとつある。
それは、遠藤。

遠藤はザッケローニ監督就任以降、最も出場時間の長いフィールドプレイヤーである。
GK川島がトップの3,758分だが、その差わずか23分。
遠藤がどれだけザックジャパンの屋台骨を支えてきたかわかるだろう。
その遠藤が第1戦コートジボワール戦では不出場、第2戦ギリシャ戦では後半開始からの出場。

代わりに先発の座をつかんだのが山口蛍だ。
彼はいわゆるダイナモ系の守備的MFで、海外の有名選手で例を挙げるなら、
ダービッツ、マケレレ、エッシェンといったところか。
(挙げた名前が一昔前なのは、筆者の海外サッカー知識が一昔前のためである)

遠藤はあらためて言うまでもなく守備寄りではなく攻撃寄りの選手。
その遠藤を外して山口を入れるということは、単純に中盤を守備的に構成するということ。
しかも攻撃を組み立てるパスに唯一無二の才能を発揮する遠藤を外すことはつまり、
チーム全体の軸足をやや守備的な方向に移したということでもある。

繰り返すが遠藤はザッケローニ監督就任以降、最も出場時間の長いフィールドプレイヤーである。
そして攻撃を組み立てるパスに唯一無二の才能を発揮する選手。
私ごときが言うまでもなく、遠藤はザックジャパンの攻撃を司る選手なのだ。

その遠藤がコートジボワール戦はともかくとしても、(個人的にはともかくとしたくないが)
勝つしかなくなってしまった第2戦で、しかも堅守速攻型のギリシャ相手に先発させなかったのは
私にはどうしても納得が行かない。

もちろん細かい状況はわからない。
大会直前に小さな怪我をしたかも知れないし、
我々が思っているほど調子が上がっていないのかも知れない。
同じチームで日々状態をチェックしていないとその辺りの本当のところはわからない。

だがしかし、本番に来てザッケローニが弱腰になってしまったのではないかと思うと、
私は非常に残念なのである。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません
ブレブレの監督とサポートできない協会 | MAIN | 東京型4-3-3