忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

出来過ぎ君 [ FC東京 ]

J1第31節 ガンバ対東京は3-1の勝利。
ちょっと出来過ぎな感の快勝。

塩田のセービングはすごいね。
特に前半の決定機を防ぎ切ったのは大きかった。
ガンバサポからは、我々が見たいつだったかの松代の姿のように見えたのではないだろうか。

この試合は前線からの守備が目立った。
前線の三人が惜しみない運動量で相手最終ラインとボランチに絶えずプレッシャーを与え続けていた。
ボールを保持される時間は長かったが、
私の印象ではそれほど自由にやられているという感じではなかった。

闇雲にボールを追い回すというわけではなく、深追いせず、
次のパスコースを消しつつプレッシャーに行ったり、
味方のフォローの確認を怠らなかったり、かなりバランスを意識してポジショニングしていた。

私はバックスタンドのアウェイゴール寄りから観ていたので前半の石川の動きがよく観える位置だったが、
気合いが入り過ぎて空回りすることの多かった彼も、
しっかり頭を使いながらファイトしていて成長したのだなと感慨深い。
どちらかと言うとあまり頭の良さげではない平山も忠実にこなしていたので
これも城福監督の手腕だろう。

守備時のバランスという意味では平山、カボレ、石川の3人が一番良さそうだ。
鈴木達也はちょっと縦横無尽に走り回り過ぎ、赤嶺は中に絞り過ぎ。
赤嶺を出す時は守備時のバランス面からはセンターで使った方がいいだろう。

攻撃は羽生の言う通り、”結果的に効率よく点を獲れ”たという言葉がぴったり。
先制点なんて、普通あれで点は入らない。
あんな位置からタイミング的にはアーリーでないクロスを入れても普通は。
2点目もスローインが逆サイドの石川まで流れるなんて普通ないし。

我々からすればACL決勝の3日後という日程も味方したのかも知れない。
鹿島も引き分けたし、ホントどう転ぶかわからなくなってきた。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
山本アナとダイヤモンドサッカーと、セカイの松下!? | MAIN | ”頼むぞサッカー”から脱却したい