忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

佐原目立ち過ぎ [ FC東京 ]

J1第14節 東京対千葉は1-1の引き分け。
塩田と佐原の試合というか。

塩田には何点助けられただろうか。
鬼神のような塩田の働きがなければ完全に負けていた。

CBというポジションは本来地味なポジションだ。
ジャーンなんかそのいい例。
それと反対に、東京には結構目立つ選手がいたりする。
茂庭はその明るいキャラクターで、藤山は華麗なインターセプトで。

そんな中でも佐原は群を抜いている。
しかも良くも悪くも、試合の結果を左右してしまうという点において。
ナビ杯清水戦於松本なんかその最たる例だ。

今日の試合では、最初のPK&レッドカードは今野が当事者だったわけだが、
佐原のカブりがなければ生まれなかったシーンであるし、
前半終了間際の先制点によって、あのまま試合が終わっていれば
苦戦を強いられる事態になった最大の責任者であると同時に
決勝ヘッドという殊勲者にもなっていた可能性があった。

そして、同点にされたシーンは佐原が負傷で
DFラインからいなくなっていた時間帯での失点である。
これは佐原に責任があるわけではないが、DFラインに生じた混乱を埋めきれなかった。

今日の佐原のプレーぶりを観ていて思うのは、調子が良くなかったのではないかということだ。
おそらく茂庭が万全だったなら、佐原の先発はなかった。
しかしそれでも今野が退場にならなかったらここまで苦戦することにはならなかったと思うが。

今野の退場は、得点機会阻止なのでルール上は正しい。
しかし以前別の試合(確かUCL決勝だった)でも書いたことだが、
前半のあの時間帯でPK&レッドカードは著しく試合の興を削ぐ。
その辺はもうちょっと柔軟に対応してもいいんじゃないだろうか。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
厳しい〜〜〜けど頑張れ | MAIN | フーリガン