忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

いきなり暗雲 [ FC東京 ]

J2第1節 東京対鳥栖は1-0の辛勝。
勝利を拾ったものの、今後に暗雲立ち込める試合だった。

開幕戦は、練度がまだ充分でなくとも今シーズンどういったサッカーをやっていくのかが
ある程度見えるはずの試合だ。
と言うよりそうでなくてはならない。今まで何をやってたんだということになるからだ。

という観点からすると、この試合は相当にひどかった。
何コレ?って感じである。
まさかあんなチンタラしたサッカーを意図してやろうとしているわけではないと思うので
仕上がりが悪いということなのだろうが、それにしてもJ2中位クラスの鳥栖を相手に
あれはないだろうってくらいの出来だった。

なんと言っても足元パスばっかりなのでDFが崩れるわけがない。
足元で受けた選手がそれぞれその局面で個人勝負の繰り返し。
複数の選手が連動してラストパスまで行った攻撃は、先制後鳥栖が前掛かりになったところに
カウンターを撃ち始めるまで、私の記憶では1回しかなかった。
逆に鳥栖はそうしたパスワークから作った決定的なチャンスが前半だけで3回あった。
それのどれかでも決まっていたら結果はどうなっていたことやら。

それにも増して不安なのは、結局のところ何をやろうとしてるのかよくわからないことだ。
どういうこっちゃ。

別に流麗なパスワークからゴールを奪うことを目指しているわけではないだろうけど、
1年での昇格、それも全勝でのJ1復帰を目標に掲げるなら、特に初戦で相手を圧倒しておくことは
シーズン通しての戦いを有利に運ぶためにも必要なことだった。
その貴重な機会を失った代償は大きかった、なんてな風に振り返ることにならなきゃいいけど。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
地域性の表れ? | MAIN | セルジオ越後が好きになった大会