忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

負けパターン [ FC東京 ]

J2第25節 東京対栃木は1-2の敗北。TV観戦。
これをやられたら負けパターン。

栃木は先日この記事で書いた東京攻略法をやってきた。
DFラインとボランチのパス交換を寸断してカウンターを撃つ。
1失点目がまさにそうだ。
しかも、失点のすぐ前のプレーでもボランチがボールを奪われてあわやのシーンを作られている。

つまり、明らかに高い位置でボールを奪ってのカウンターを目的とした
DFラインやボランチへのハイプレッシャーがかけられているにも関わらず、
それを回避するために序盤はロングボールを多用するなどの対応を全く取らずに
いつもと同じように漫然とボールを回していたあげくのことなのだ。

この対応のまずさには、厳しい見方をすれば、選手に慢心があったのではないだろうか。
いつも通りにボール回していればいずれは点を取れる的な。
栃木クラスの相手がしっかり意思統一してプレッシングをかけてくれば、
東京みたいに個々のボールテクニックに頼ってランの少ないボール回しなど寸断出来る。
それは今までのJ1での戦いの中でも証明されていることなのに。

前掲の記事でも書いたように、逆に自陣深くに引いて、しっかりブロックを作って守れば
スペシャルなストライカーのいない、パスでブロックを崩すことの出来ない
東京の反撃は押さえられる。

ただ、今までを観ているとJ2にはそれを全体として遂行できるチームも
あまりないみたいなので、どうするかだね。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
正念場 | MAIN | 新潟