忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

諦めたらそこで終わり [ FC東京 ]

J2第34節 東京対湘南は2-1の勝利。
様々な理由で離脱する選手が多い中、昇格に向けて大きな勝点をもぎ取った試合だった。

この試合、体調悪く布団にくるまりながらのTV観戦となった。
細かくは観れていないが、あまりうまく行っていないのは明白な試合だった。

湘南のがんばりもあったし、もちろん東京は大幅な選手の入れ替えがあった。
これで負けでもすればレギュラーを固定し過ぎの大熊監督に非難が集中しただろうが、
そうした逆境を選手個々が踏ん張って跳ね返したような感じだ。

象徴的なのが、2得点のラストパスにつながるプレーだ。
数少ない得点機会を確実に決めたセザーはもちろん賞賛に値するが、
個人的にサッカーにおいて重要なのは、そのセザーの2得点へのラストパスを送る直前のプレーだと思う。

相手選手が追うのをやめるくらいゴールラインを割りそうなボールをスライディングで生かした谷澤のプレー。
相手DF2人に囲まれて、倒されながらもすぐさま立ち上がって突破した中村北斗のプレー。
この2つ。
当然のことながら、彼らの諦めないプレーがあったからこそ、セザーの得点が生まれている。

諦めたらそこで終わり。
よく言うし言われるし頭ではわかってはいる。
でも実際にそれを実行するのは難しい。
それを僕らは知っている。
だから僕らは胸を打たれるのだ。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
祝 J1復帰 | MAIN | スタイルの変貌とくさび