忍者ブログ[PR]
蹴唯雑音 忍者ブログ

今こそ気を引き締めて行こう [ FC東京 ]

J1第32節東京対名古屋於豊田スタジアムは1-0で勝利。
大きな大きな勝点3。

今節は現地へ行かずTV観戦。
行かれた方お疲れ様です。

平山出場停止で止む無く採用した大黒1トップ、トップ下梶山、両サイド石川&リカの布陣が
試合開始から機能した。
梶山は高い位置で基点を作り、両サイドは突破力を生かして再三チャンスを演出し、
大黒は裏への飛出しを見せる。

ただ、クロスを上げてもやや中の人数が足りない。
逆サイドのポジショニングなどここは改善点だろう。

観てて印象的だったのが、名古屋のサイドの弱さ。
サイド攻撃が自慢のチームにしては(だからこそか)、守備が弱いのが目に付いた。
それがデフォルトなのか優勝を決めた翌週だからなのかわからないが、
石川、リカルジーニョはともかく、DFを完全にかわすほどのスキルはない椋原が
かわし切って何度かクロスを上げていたのには正直驚いた。
確かに椋原自身の動きも切れてはいたけど、あまり観ない場面だ。

試合を決めた大黒のシュートは素晴らしい。
コース的にはほぼGK正面だが、軌道が絶妙だった。
楢崎はさぞ悔しいに違いない。

守備面では、名古屋の攻撃が割と単調だったことが幸いした。
それでゴリ押しできる能力を持った選手を集めているわけだが、
パワープレー一辺倒だったら東京の守備陣は守れる。


さて、この大きな一勝によって、神戸との勝点差3、得失点差10となったわけだが、
まだ安心するのは早い。
確かに勝点差3は1勝分の余裕があるし、得失点差は2試合で逆転するには開き過ぎている。
加えて対戦相手は神戸の清水/浦和に対して、東京は山形/京都と有利だ。

神戸が残留するには、得失点差を考慮すると勝点4以上稼がなければならないので
1勝1分、もしくは2勝しなくてはならない。
つまり負けたらその時点で終わり。
逆に東京は1勝でもすればほぼ残留が決定する。

そんなわけで事前予想的には東京圧倒的有利なわけだが、
もしも次節東京が山形に負けて、神戸が清水に勝ったりすると…
考えるだに寒気がするが、サッカーでは何が起こるかわからないのだ。

勝って兜の緒を締めよ、優勝チームに勝利した余韻に浸っていてはいけない。
水面からやっと首を出した現在の状況に満足しているようでは溺れてしまう。
今こそ気を引き締めて行こう。
私は最終節京都へ遠征予定だが、消化試合になることを切に願う。
PR



●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
非公開? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:
持ち越し… | MAIN | それでも